HOME
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
こいつぁ上玉だなぁっ!
タイトル意味不明ですいません。

はい、昨日は勉強しておりました。
ってのは嘘で、ずっと寝てました(爆
いやね、だってね、テスト終わって帰ってくるのが12時ごろで、それから勉強なんてできますか?
無理でしょ、常考!
まあ勉強なんてね、夜からやりゃいーや的なね……w
んで、今日もやっぱり昼間っからやる気は無かったので、ずっとゲームしてました(ぁ
あかべぇそふとつぅから出ているG線上の魔王という泣きゲーをやっていたんですが。

クリアいたしました!

いやー、これ面白かったですよ。
泣きゲーというより、サスペンスゲームみたいな感じでしたね。
確かに、ラストやちょっとしたところで、BGMにやられて、グッとくるところはありましたが、別段泣けるというわけではありませんでしたね。
これはKeyと比較しますが、泣きゲーという枠においては、やはりKeyゲーが秀逸ですが、ノベルゲームとしては、こちらのG線上の魔王のほうが秀逸だと思います。
ゲームって――この場合、RPGやノベルゲーなどのシナリオがあるゲームですが――話に本筋ってのがありますよね。まあメインシナリオとでもいうのかな。
Keyゲーって、その性質上、多世界型のシナリオ、つまりはループしたり、同じことを繰り返すってのが多いじゃないですか。というよりも、繰り返さなければ、話の本筋が読めないって設定ですよね。
でも、G線上の魔王や、これはカオスヘッドにもいえることですが、2週目をやらない限りループすることはないんですよね。つまり初めから、話の本筋を読める、ということです。
カオスヘッドなんかは、1週目は本筋しか読めませんがねw
これって、結構決定的な違いなんですよね。
ノベルゲームって、いくらスキップ機能がついているとはいえ、同じ文章の繰り返しだとつまらないですよね。
そういう、面倒くささがないのも魅力ですね。
とはいっても、KeyゲーとG線上、カオスヘッドじゃ大きく違いますけどね。
Keyゲーは主に日常を描いているのが多いですけど、後者の二つは明らかに、ミステリーノベルやサスペンスノベルを読んでいるかのような感覚で、むしろ、話の本筋を知ってもらわなくてはならないんですよ。
まあ、だから初めからこれらを比べるのはお門違いって感じですけどね(←
いやまあ、カオスヘッドは全然違いますけど、一応魔王は泣きゲーですからね。私の魔王に対する認識は完全にミステリーノベルですが、ジャンルとして定義されるなら泣きゲーなわけでして……。ああもう、自分でなにいってるのかわけわかんなくなってきました(爆

で、話は結構変わるんですが。
G線上の魔王というタイトルは、バッハの「G線上のアリア」とシューベルトの「魔王」からきているわけなんですが。
作中、BGMとして使われるのって、有名クラシックをアレンジしたものばかりなんですよ。
やはり名曲ぞろいで、作中の雰囲気に合わせての緩急のつけかたが素晴らしいんですよね~。
これがまた、G線上の魔王という作品に味を出しているんですよ。
んで、オリジナル曲に「Answer」という曲があるんですが。
これ、前に紹介したんですが、覚えてますかね。
片霧烈火さんの歌う、「Answer」です。
そのアレンジ版がいくつかあって、その中の一つに「男の花道」っていう超かっこいいBGMがあるんですが、これがクライマックスで流れたときにゃ、もう鳥肌が立ちましたよ。
うひゃーって感じで。
で、しかも、いくつかあるアレンジ版なんですが、シリアスシーンにも流せるようにアレンジされているのもあるんですが、これがまたたまらなくいい。
うひゃーって感じです。
で、G線のサントラがあるんですがね……。

G線上の魔王 オリジナルサウンドコレクションG線上の魔王 オリジナルサウンドコレクション
(2009/04/24)
不明

商品詳細を見る


たまらなくほしいです。
これやって、ちょっとクラシックに興味でましたし。
まあ、クラシックなんて全然わかんないですから、こういったアレンジのほうがとっつきやすくていい。
なもんで、これ買えば、また楽しい登校ライフが待っているはずなんですがねー。
でも、ちょっと迷っています。
金銭面的に。
今、財布欲しくて、バイトとは別に金ためてるので極力余計な散財はしたくないな、と。
まあ、いざとなったらtorrentで……。
というわけで、来月の小遣い入るまで悩みます。


なんかとっても支離滅裂な記事になってしまいましたねー。
G線上の魔王については、今度改めて記事書きたいなと思ってます。

今PSPでやってる英雄伝説 空の軌跡 The3rdももうすぐ終わりそうw
テスト期間中になに2本も終わらせてんだー、って感じですよねー。
まあ、なんだ、仕方ない(ぁ

明日は生物と古典。
古典が超やばいので今から勉強でもしてきます。
それでは。




つか、サスペンスゲームなんてジャンルはあるんですかね?
適当に書きました。すいませんorz
スポンサーサイト

テーマ:G線上の魔王 - ジャンル:ゲーム

【2009/05/26 20:12】 | ゲーム | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<くっそー、マジありえねー…… | ホーム | 10000HIT!>>
コメント
どーもおはこんばちわ^^絶望たけりんです


G戦場の魔王ってエロゲーランキングで
見たことあるような気がしたんだけど泣きゲー
だったんですか@@
あークラシック好きな我は泣いちゃいそうだわww
【2009/05/26 21:13】 URL | 絶望たけりん #afXvPe0k[ 編集] | page top↑
おぉ!G線上の魔王か

最近ネットでも 友達との会話でも良く聞く
G線上の魔王

リトバスEXが終わったら 
やってみるよぉ(^ω^`)
【2009/05/26 22:20】 URL | ベル #-[ 編集] | page top↑
>絶望たけりん様
泣きゲーという観点だとあんまり楽しめないかもしれません。
推理小説を読んでるような感じでやるといいですよ。

>ベル様
結構有名ですからねー。
まあリトバスEXのほうが断然泣けるので、泣き要素には期待しないほうがいいですよ。
そのぶん、ドキドキハラハラはできますけどねw

コメントありがとうございました~。
【2009/05/28 22:43】 URL | 鎌兎 #emUonaP2[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rentosky.blog60.fc2.com/tb.php/204-e31a7d4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。