HOME
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
散財物/成績
一昨日は三者面談でした。
昨日は学校説明会(大学の学部紹介とか)でした。
今日は終業式。

さて、ことみ風にこの3日間をあらわしてみました。
このクソ暑い中、3日も連続で登校しなければならないという地獄を味わいました。死にそうです。マジで。

で、一昨日本屋いって買ってきたもの。

傷物語……1365円
偽物語(上)……1365円
偽物語(下)……1365円
合計……4095円

正直、かなり痛手。
でも仕方ない。読みたいんだもの(みつを風)

で、傷物語、偽物語(上)までを読み終えました。
やはり面白いですね。ギャグもいい。
特にまよいが出てきたときがやばい。あいつが一番好きなキャラだ。
そして、偽物語ではファイヤーシスターズの登場。
個人的に月火のほうがいい。外見上(ぇw
正確は火憐のほうがいいかもしれませんね。もう惚れているのところはこっちが惚れそうになりました。でも、主人公はいつまでもへたれ(ぁw
ここまで化物シリーズを読んできましたが、一番楽しく読めたのは化物語(下)かな、と。
まよいと神原のギャグが秀逸すぎます。
傷物は基本的にシリアス路線で(初めて怪異が主軸になったか?)、しかも当然、二人は登場しないので、主に忍野メメ、キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードとの掛け合い(それでも十分に面白いけど)なので、まよい、神原が好きな自分にとっては化物(下)には勝てない。
偽物語(上)はかなりいい味出してる。まよいも神原も、ギャグに磨きがかかっている……が、いかんせん登場シーンが少ない。だから勝てない。
とりあえず今のところ、偽物語(下)には期待。
なにせ、再びまよい編が入っているから。
これは期待せずにはいられない。
でもなんだか、これでまよい消えちゃいそうな予感。なんとなく、ですが。でも、嫌な予感。
うーむ、暦じゃないけど悲しすぎる。
まあ、どうなるかは読んでからのお楽しみなんですけどね。
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:化物語 - ジャンル:アニメ・コミック

【2009/07/18 22:18】 | 小説 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
テスト返却日/散財物
どうも。
FC2の罠にはまって更新遅くなりました。すいません。


今日はテスト返却日だったので学校へいってきました。
前回と同じようにうpしたほうがいいのかな?

と、その前に散財物を。
化物語(上) (講談社BOX)化物語(上) (講談社BOX)
(2006/11/01)
西尾 維新

商品詳細を見る

化物語上下巻……3200円
テイルズ オブ ヴェスペリアII (角川スニーカー文庫)テイルズ オブ ヴェスペリアII (角川スニーカー文庫)
(2009/06/01)
岩佐 まもる

商品詳細を見る

テイルズ オブ ヴェスペリア 金の満月 (ファミ通文庫)テイルズ オブ ヴェスペリア 金の満月 (ファミ通文庫)
(2009/05/30)
矢島 さら

商品詳細を見る

ヴェスペリア系ラノベ……1200円
BAMBOO BLADE B 1 (ガンガンコミックス)BAMBOO BLADE B 1 (ガンガンコミックス)
(2009/06/25)
土塚 理弘スタジオねこ

商品詳細を見る

BBB……500円
スカイ・クロラ (C・NOVELS BIBLIOTHEQUE)スカイ・クロラ (C・NOVELS BIBLIOTHEQUE)
(2002/10)
森 博嗣

商品詳細を見る

スカイ・クロラ(中古)……500円

と占めて約5400円となりました。
うーむ、かなりお金使っちゃいましたね。まあ、仕方ないです。読みたいものは読みたいんです。
とりあえず今は化物読んでます。
内容はさすが西尾維新といったところか、言葉遊びとギャグがすごい。秀逸すぎて評価に困るww

とまあ、こんな感じですかね。
さて、続きからはテスト結果をうpします。興味のある方だけどうぞ。
続きを読む

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

【2009/07/08 02:16】 | 小説 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
東野圭吾「パラドックス13」
パラドックス13パラドックス13
(2009/04/15)
東野 圭吾

商品詳細を見る

東野圭吾作品「パラドックス13」読みました。

以下重大なネタバレ含みますのでご注意ください。
続きを読む

テーマ:東野圭吾 - ジャンル:小説・文学

【2009/06/06 22:05】 | 小説 | トラックバック(1) | コメント(3) | page top↑
ラノベ紹介「とある飛空士への追憶」
この記事で50件!
目標達成だぜひゃっほぉーーう!!
いやー、長かったですね~。でもまあ、目標立ててなにかするのっていいですよねw


さて、今回は読んで面白かった本を紹介したいなー、と。
Amazonレビューで☆1が1つもないという傑作。
紹介するラノベは「とある飛空士への追憶」

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)
(2008/02/20)
犬村 小六

商品詳細を見る


これ、ラノベの中ではかなり面白い部類に属すると思います。
別に、描写力、文章力がすばらしいとか、そういうのではなく、話のテンポと、そして王道にのっとったストーリーがとてもよかったです。
さて、まずはわかりやすいように良い点、悪い点を挙げていきましょう。詳しい感想はその後に。

この先ネタバレ含みます。

良い点
・テンポがよい
・キャラクターが魅力的
・展開
・伏線(良い意味で)
・しばり

悪い点
・締め方
・伏線(悪い意味で)
・描写

さて、簡単にあげてみました。
まず良い点からいきましょうか。

・テンポがよい
上記したように、テンポがよかったです。
ラノベらしく、サクサク読めました。
そして、読んでいて飽きがこなかったのも○

・キャラクターが魅力的
登場する主要キャラは少ない(主人公とヒロインのみ)なんですが、個性溢れていて、とてもよかったです。
もしこの作品に、主要のキャラが多かったならば、駄作となっていたでしょう。
少ないからこそ、濃密に描けていてよかった。

・展開
良い意味で王道らしく、ドキドキやワクワクがあってよかった。

・伏線
緻密に仕掛けられていた点はよかったですね。
ただ、もうちょっと改善の余地があるかなと思います。まあそれは悪い点で。

・しばり
正直、これが一番よかった。
主人公が自ら攻撃できない点。これがすばらしい。
敵から逃げる技術、攻撃をよける技術、敵を自滅に追い込む技術だけで、敵に一切、まったく手をつけずに難しい局面を乗り越えていかねばならない。
そういうしばりができる王道ってのはなかなかないもんですよ。
こういうことをやる勇気があるという、その点において、私は多大な評価を送りたいです。


さて、次は悪い点へ。

・締め方
終わらせない締め方。
こういうのはよくkeyゲームで見かけますね。
しかし、こちらはあからさますぎる。
なにかを考えさせるのではなく、完全に丸投げ。これはちょっとよろしくない。
というか、keyゲームやってると、こういう終わり方が、言い方は悪いけれど、しょぼく見える。
まあ、それでも、不服とは思わなかった。でも、もっと遠まわしにするか、きっちり終わらせるか、どちらかにしてほしかった、というのが私の願望。

・伏線
こちらは改善点。
伏線がわかりやすすぎて、話の先が読めてしまう。
主人公とヒロインが幼いころあっていた、とかはまだいいですが、主人公が唯一負けた飛空士とか、ヒロインが機関銃の練習を始めたとか。
これは先がすんなり読めてしまった。
飛空士なら、終盤登場するんだろうなぁ、と。
ヒロインなら、彼女が撃って空戦を終わらせるんだろうなぁ、とか。
前者はまだいいにしても、後者はもっとなんとかするべき。これ次第で、もっと面白くなる。

・描写
悪くは無い。悪くはないけど、ちょっとイメージしにくかった。
人間の動きなどは、わかりやすかったけれど、空戦のときの戦闘機の動きとか、普段目にしないもののぶん、やはりどう動いているのかがわからない。
その点で、面白みにかけてしまっていた。

さて、これくらいかな。ちょっと長くなってしまいましたね。
悪い点をたくさん書きましたが、この作品、とても面白かったです。
王道ではあるけれど、主人公とヒロインが身分の差で阻まれてしまう悲恋の物語。
そういうよくある話なんだけれど、主人公たちの心情描写など、よく描けていた。
深い内容であるにもかかわらず、軽快なテンポは失わない。
読んだら止まらない、そういう本である。


そういうわけで総評。
5点満点中、4.5点

私が今まで読んだラノベの中では、かなり面白い部類である。

この世界で、別のキャラクターの話である「とある飛空士の恋歌」というのも発売されているようですね。こちらは読んでないのでこんど買ってきます。

とある飛空士への恋歌 (ガガガ文庫)とある飛空士への恋歌 (ガガガ文庫)
(2009/02/19)
犬村 小六

商品詳細を見る
続きを読む

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

【2009/04/20 21:40】 | 小説 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
小説「夕空の中で」 第8話更新
ども。
今回は更新期間は割りと短かったと思います。
まあそのぶん本文のほうも短いんですけどね。

さて、第8話はこちらから。

今回の「夕空の中で」は、まあなんと申しますか、未来編、とでもいっておきましょうかね。
以前から度々登場している未来編です。
これはいろいろと縛りがありましてね。
とりあえず「」を登場させない書き方をしていきたいと思っております。
他には、一人称を使わない、などなど。まあ自分といっていますが、これはしかたがなかったんですorz
無理矢理なところも多々ありますが、目を瞑っていただけると幸いです。

まあこちらの未来編のほうは、おいおい絡んできますので。
主人公のほうは、誰になるかはまだ未定です。
予想通りかもしれないし、あっと驚く人物かもしれないし、はたまた名前も知らない人間かもしれません。
その辺、お楽しみいただければなあ、と。

しかしあれですね、会話が無いから、本当に文章力の勝負になりますね。
きついぜ……orz

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

【2009/04/09 21:06】 | 小説 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
小説「夕空の中で」7話更新
どもども。
レイアウトを少しだけいじりました。
記事の欄が少しだけ広くして、文字の大きさ、色も変えてみました。
こっちのほうが見やすいかな?
そして、お気づきでしょうが、ヘッダーの部分にリトバスの画像を。
CLANNADの画像やリトバスメンバー集合写真でもよかったんですが、これが一番ぴったりだったので。
これからもブログを少しずついじっていきたいと思います。

小説は久々の更新になりますね。
夕空の中で」7話更新いたしました。

今回の話は比較的まったり系かと。
友人と飯食ったり、カラオケいったり……。
高校生活を満喫している姿が浮かんでくれば、それはそれは大成功です。

ギャグについてはkey様からぱくっているものがいくつか(ぁw
というか志村の存在そのものがぱく……参考にさせていただいたものですね(爆

まあ、そんな日常の中にも伏線が仕掛けられています。
わかりやすいものもありますし、これは見抜いて欲しくないな、というものも。

さて、そんな感じの7話ですが、是非是非お楽しみください。

ご意見ご感想、お待ちしております。


テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

【2009/04/02 17:48】 | 小説 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
警官の血
相互リンクのお知らせ。
初めての相互リンクです。緊張してます。[壁|_-)チラッ
このたび、Rin Cyber Studio.の朋也さんと相互させていただきました。
クラナドやそのほかのアニメの詳細など書かれています。とても詳しいです。見習いたいものです。
ほかにもラジオを公開しているようです。
いや、なんだ。こういうときになんて書けばいいのかわからないorz
朋也さんすいませんです。
と、とりあえずよろしくお願いします((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス


さて、今回の本題ですが、二夜連続放送でドラマをやった「警官の血」について。
私は原作を知っていたので、ドラマはすんなりと見れました。
ただ、正直デキがw
小説のほうはとても面白かったんですけどね。
なんだろうか……。流星の絆といい警官の血といい、好きな作品が映像化されるのは嬉しいけど、いまいち完成度が微妙だな、と。
まあ容疑者Xはいいデキでしたが。というかガリレオは普通によかったんですけどね~。

あまり詳しくは書きませんが、ドラマのほうの評価は星5つ中3つということで。
キャストはとても豪華なんですけどね。いかんせん脚本がw
まあでも、チャイナ服の人はよかったw
名前なんていうんだろ……。あとで調べておきます。

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

【2009/02/09 00:28】 | 小説 | トラックバック(2) | コメント(0) | page top↑
短編集設置
小説掲載ページに短編集を設置しました。

記念すべき第一弾は「夏祭り」
随分季節外れだなとかのツッコミはなしでww

かの有名なJITTERIN'JINNが歌い、Whiteberryがカバーした名曲「夏祭り」です。
それをベースに短編を書かせていただきました。
あくまでベースなのでオリジナリティが少しは入ってると思います。入ってたらいいな。

でもこれって著作権とかどうなるのかな……?

まあ、よければ見てやってください。
アドバイスを貰えたりすると嬉しい限りですが。


それでは。

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

【2009/01/08 00:44】 | 小説 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
小説「夕空の中で」 久々更新
久々に「夕空の中で」を更新いたしました。

さて、現在「夕空の中で」ともう一つ、短編を執筆しています。

まあこの短編、夕空とはまったくの無関係なんですけどねw
文章底上げのためですかね。練習台、といったところです。

うpできるのがいつになるかはわかりませんが、そのときには読んでくれると嬉しいです。
それでは。

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

【2009/01/06 16:36】 | 小説 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
最近筆が……
どもども。
今日はバイトありませんでした。
え? なぜって?
休みってわかってたから休みとっといたんですよ。
おかげでゆっくり寝れましたよ。


さて、今こうしてパソコンを開いているわけですが。
そして小説書こうとワード開いたわけですが。

ううん……いかんせん筆の進みがよろしくない。
全然描写が思いつきません。
これが……これがもしやスランプってやつなのかっ!?
……いや、すいません。マジで。調子乗りました。
スランプなるほどてめえ文才ねえだろって?
ええ、ええ。その通りです。
その通りなんですが、いかんせん筆の進みが悪いのですよ。
あーもうどうしようもねえなあ……。
ため息しかでません。はあ……。
これはもっと小説読まねばな、と。
最近忙しさにかまけて小説読んでないし。
あ、つい先日『とらドラ9!』読みましたけどね。
あれは……俺の作風とは全然違うから描写とかあんまり参考にできないし。
ここはやっぱり東野さん読むしかないかな。
確か二、三冊買い置きがあったはず。
今読んでる『赤朽葉家の伝説』読み終わったら読もう。
ああ、でも『警官の血』もまだ読んでなかったりするんだよねぇ。
ああ、忙しい忙しい。読みたい小説がいっぱいだけど読めないなんて。
誰か俺に暇をくれ!

さて、話が一変しますが、明後日テストです。
今回は倫理なのですが。ああ……まあ要するに公民のあれですわ。
ソクラテスとかプラトンとか。
今回の範囲は仏陀の思想と中国源流思想なんですが。
全っ然わかんねえ……。やべえよ、やべえよ母さん。
結構倫理得意だったんだけどなあ。
今回はマークシートじゃなくて筆記だっていうし、もう絶望的じゃん?
勉強しないと、とは思うんだけど、勉強に手が伸びないんだ。
なぜって?
漫画を買ってしまったからだよ。
氏家ト全さんの『妹は思春期』を。
めっちゃ笑えるw
下ネタがハンパないww
同作家さんの『家庭教師濱中アイ』『生徒会役員共』よりも下ネタ度がやばい。
まあこの二つは週刊少年誌だから仕方ないけど、『妹は思春期』はヤングマガジンのほうで掲載されてたからね。
四コマ漫画読んでるといつも思うけど、よくネタが思いつくなあ、と感心。
こんだけネタがあったら、とか思っちゃうよね、やっぱり、どうしても。

まあそんなわけで、今俺の部屋には笑いが絶えません。
皆さんもどうぞ読んでみてくださいな。


さて、今回はこの辺で。

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

【2008/10/13 21:10】 | 小説 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。